そこにいるだけでいい

ゆったりシンプルライフを送っています。ハリネズミも一緒です。

糖質制限中、脱水で倒れるところでした!注意!

愛子は健康のため、2月からゆる糖質制限(ロカボ)をしています。始めてから3ヵ月はとても体調がよかったのです。

f:id:aikowakakusa16:20170325194017j:plain

ところが・・・昨日はあやうく脱水で倒れるところでした!     

     クリック応援お願いします!

    にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

 ロカボを始めて3ヵ月目ぐらいまでは、とても体調がよかったです。体重も52kg⇒46kgに減り、体が軽くなりました。

 

ロカボについての記事はこちらです⇒ゆる糖質制限中、食べていた食事のメニューと注意点とは?ローカーボのススメ。

 

ところが、4ヵ月目ぐらいから、また体調のすぐれない日が多くなってきました。なんとなくわかっていたのは、「小麦のパンを食べると背中が凝る」「果物を食べるとうつっぽくなる」「砂糖を食べると睡魔に襲われる」ということでした。(愛子個人の感想です。)

 

糖質制限と脱水

昨日は朝起きて、いつものように

  • さ湯2杯
  • バターコーヒー1杯(コーヒー、無塩バター、MCTオイル)
  • さ湯1杯

を飲みました。食事はおかずのみ、

  • 鶏むね肉の梅肉大葉はさみ焼き(塩・胡椒)
  • ラタトゥウユ(夏野菜炒め)

を食べました。朝の一通りの家事を終え、ダイニングの椅子に座ったのは朝8時でした。

我が家は朝はクーラーを入れません。室温が30度を越えたらクーラーを入れることにしています。その時はまだ29度ぐらいでした。

椅子に座ると、突然腕や首筋から大量の汗が吹き出してきました。「な、何?」急に気温が高くなったのかと他の家族を見ると、だれもそんな汗をかいていません。

 

所ジョージさんが数年前、畑仕事をしている最中に脱水になったことがあったそうです。怪我の功名で所さんは今、経口補水液のCMに出ています。そのCMで「汗がだらだら出てきた。」と言っていたのを思い出しました。

 

「これは脱水かも!」と思い、あわててクーラーを入れました。薄めのポカリスエットを作って飲みましたが、間に合わなかったのかだんだんと頭が痛く、手足がしびれてきました。

 

そこで経口補水液の作り方を調べて、作ってみました。それを、指示通りのペースで飲むことにしました。

参考にしたのはこちらのサイトです。

www.skincare-univ.com

水1リットルに砂糖小さじ4杯半、塩小さじ半分、(オレンジかグレープフルーツの果汁も入れるとカリウムが摂取できます)分量です。

愛子は、砂糖はてんさい糖に、塩は長崎県産の海水塩を、それからライムの搾り汁を2滴入れました。自分で作ると、材料を自分好みの物で作ることができるのでよいですね。

 

飲んでみると、これがとっても飲みやすい。ポカリスエットは酸味が強いですが、これはほとんど酸味がないのでゴクゴク飲むことができます。水よりも塩素臭さがなく、まろやかです。

これを体重に合わせた分量を決められた時間で飲んでいきました。

 

すると、2.3時間で頭痛もおさまり元気になってきました。

 

よく考えてみると、朝起きてからほとんど糖質も塩分も摂っていませんでした。「水分(さ湯)を摂っているから大丈夫。」と思っていたのです。

もっとよく考えてみたらその前日の午後3時からほとんど糖質を摂っていませんでした。昼にお菓子と冷や飯70gを2回食べたので、夕飯には糖質を摂らなかったのです。

夕食後に誘惑に負けてメロンを食べましたが。

それから、前日自転車で3時間出かけたのですが、水を持って行くのを忘れて、その間水分を摂りませんでした。

 

あとになって、更年期のホットフラッシュだったのかもとも思いましたが、愛子はホットフラッシュの経験もあり、ホットフラッシュは中からカッと暑くなる感じがあり、またちょっと違います。今はホルモン剤を服用しているのでホットフラッシュはおきにくいと考えられます。

 

いろいろと調べてみると、糖質制限中は脱水にも注意が必要なのですね。糖質制限中の方、お気をつけください。

糖質を減らすことで、インスリン、ナトリウム、ケトン体、利尿作用、体内の水分量などに影響を及ぼすそうです。

 

このブログでも、「極端な糖質制限の危険性」を何度もとりあげました。糖質もある程度摂ることは必要なのです。

でも「朝は糖質を摂らなくてもよいだろう」と、愛子自身思っていました。そんなことはなかったようです。朝も糖質は必要なのだと今回の件で思いました。

 

どんな食事が一番良いのか 

結局、どんな食事がよいのかという問いに今のところ行きついた答えは、

「体の声に耳を傾けつつ、何でもまんべんなくちょこちょこ食べる。でも量は控えめに。食べ過ぎないこと。」

です。

夫から先ほどこの記事が送られてきました。

news.livedoor.com

 

昨日は結局お手製の経口補水液を4リットル飲みました。そのせいか、今日は久しぶりに体調も良く、元気です。あんなに糖分を摂らないようにしていたのは、なんだったのだろうかと思ってしまいました。

「糖質制限、糖質制限」と糖分を避けていました。「糖質」は減らすと良いこともあることがありますが、エネルギーの源でもあるのです。

「糖質」と上手に付き合っていきたいものです。

 

ブログ更新、ずいぶん間があいてしまい、申し訳ありませんでした。体調がすぐれない、学期末は子供の学校の用事が忙しい、この先のブログの展望など、いろいろ考えてしまい、更新することができませんでした。

 

経口補水液のおかげか、今日は元気です^^

子供の学校もひと段落し、自分のやりたいことも少し落ち着いて考えられるようになってきました。

またブログという素晴らしい媒体を通して、みなさんとつながっていけたらいいなぁと思います。

更新頻度低めになるかもしれませんが、今後ともよろしくお願い致しますmーーm

ドラマ「コード・ブルー」が始まり、とってもうれしいです。またドラマのお話もしたいです!

若草愛子

 

参考になる記事がたくさん! ↓


健康・ヘルス・ダイエット 万歳!


女性のための美肌・シェイプアップ・健康


◇ダイエット・健康◇


ビューティ・プロフェッショナルズ

 

 ※「糖質制限」「最強の食事」「ロカボ」は正しい方法で行ってください。すべての方が同じようになるわけではありません。このブログでは個人の感想を述べています。持病のある方は医師の指示に従ってください。