そこにいるだけでいい

ゆったりシンプルライフを送っています。ハリネズミとワンコも一緒です。

ドラマ「カルテット」 第4話赤と片想いについて、レビューです。

この冬のクールはなんのドラマを見ていますか?

愛子はいくつか見ています。面白いのは何といっても「カルテット」(TBS系 火曜夜10時)。脚本家の坂元裕二さんの魅力にやられています。

f:id:aikowakakusa16:20170210170135j:plain

夜中のドラマが頑張っていて「ラブホの上野さん」と「銀と金」は毎週楽しみです。

その次は「スーパーサラリーマン左江内氏」と「下剋上受験」が同じぐらい。

期待していた「嘘の戦争」は前の「銭の戦争」の面白さを超えられずちょっと残念。

もう見なくてもいいけど続きが気になって見てしまうのが「東京タラレバ娘」「就活家族」「奪い、愛」。

何となくチェックしておく「A LIFE」「視覚探偵日暮旅人」。

ついに見なくなった「大貧乏」。

「嫌われる勇気」は椎名桔平さん演じる犯罪心理学の教授大文字哲人が刑事青山年雄(加藤シゲアキさん)にアドラー心理学?を教えるシーンが面白いのですが、なかなか録画を見る気になれず、という感じです。

 

カルテットの主題歌椎名林檎さん作詞作曲のエンディング曲「おとなの掟」フルバージョンが2/8より1週間限定配信されています。 終了しました。

 

前回、「カルテット」第3話の赤と緑の話を書きました。コチラです ↓

wakakusa.sokoniirudakedeii.com

赤と緑は第3話だけではなく、このドラマ全体にわたるテーマになっているようです。第4話では冒頭からカルテットの4人は緑色の服を着ています。

カルテット第1話の感想はコチラです ↓

wakakusa.sokoniirudakedeii.com

カルテット第2話の感想はコチラです ↓

wakakusa.sokoniirudakedeii.com

今回はカルテットの中のひとり家森(高橋一生さん)の回です。家森の元妻大橋茶馬子(ちゃまこ)(高橋メアリージュンさん)が登場します。茶馬子は真っ赤なセーターを着ています。

第1話ではベンジャミン瀧田(イッセー尾形さん)が赤い帽子・真紀(松たか子)が赤いスーツケース、第2話では別府が好きだった九條結衣(菊池亜希子さん)が赤いマフラー、第3話ではすずめ(満島ひかり)が赤い服、そして今回が茶馬子が赤いセーターです。これらの人々に共通するものとはなんでしょうか。とすると、「赤」はこのドラマの中では「孤独」を象徴しているのでしょうか。

 

茶馬子は数々の名言を吐きます。

なんで男って他人の言うことは信じんのに、妻の言うことは信じひんのかな?

愛子は妻歴20年ですが、ほんまそう思いますねん。そして

20代の夢は男を輝かせるけど、30代の夢は男をくすますだけや。

うーん、現実味あふれる言葉です。確かに女性は20代までは夢を追いかけている男の人を素敵と思うけれど、30代になるとまだ開花ぜす夢を追い続けている人には魅力を感じなくなり堅実な人を好むようになります。こう考えると女の人もかなり身勝手なものです。夢を追い続けている男の人は「えっ?」ってなりますよね。

そして

子をかすがいにした時が夫婦が終わる時や。

やばい、愛子たち夫婦は終わっているのか!?

妻ってな夫にな、もし結婚してなかったらって思い浮かべられることほど悲しいことないよ。

そんなこと夫は考えたこともないだろうと、愛子は思いたい。

でも最後に茶馬子は家森に言います。

あんたはそのままでええと思うよ。

茶馬子は家森に夢を追い続けろと言っているのです。茶馬子はきっと今でも家森のことを愛おしいと想っているのでしょう。心の奥底では「好きな音楽で成功して欲しい。」と思っているのでしょう。夢と生活はなかなか一致しないものですから。

 

家森は息子大橋光大(大江優成くん)と久しぶりに再会します。久々に会った息子は水飲み場では抱き上げなくてもひとりで飲めるし、夜は電気を消しても寝られるようになっていました。知らないうちにずいぶんと成長していました。

愛する息子と再び一緒に暮らしたい。潔癖な家森が茶馬子がトイレから履いたまま出てきてしまったスリッパを履いて復縁しようと言います。愛息子との共演は悲しい音色を奏でます。子供と離されるということは、自分の身体を引き裂かれるような思いになることでしょう。

 

ゴミを捨てない問題。みんな人任せにして誰もゴミを捨てにいかなかったために別荘にたまってしまったゴミ。別府(松田龍平さん)はみんなにゴミを捨てに行くように怒ります。(軽井沢のゴミの捨て方にはちょっと?な部分がありますが、まあドラマということでよしとしましょうか。)でも一番捨てたかったのは、真紀の家にある失踪した真紀の夫が脱ぎ捨てたままの靴下なのです。

片想いは切ないものです。別府は真紀に言います。

あなたといるとふたつの気持ちがまざります。

楽しいは、切ない。

嬉しいは、寂しい。

優しいは、冷たい。

愛しいは、虚しい。

語りかけてさわっても、そこには何もない。

 片想いしたことがある人にはこの気持ち、よくわかるのではないでしょうか。

来週は赤い人は出てくるのでしょうか?楽しみです。

見逃した方は、Tver、TBSオンデマンドで見ることができます。