読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そこにいるだけでいい

ゆったりシンプルライフを送っています。ハリネズミも一緒です。

母の日のプレゼントにマリメッコをオススメする理由とは?

5月14日(日)は母の日です。もうプレゼントは決まりましたか? 

f:id:aikowakakusa16:20170510091908j:plain

もしまだでお悩みでしたら、愛子はマリメッコの商品をおすすめします。     

     クリック応援お願いします!

    にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

 母の日のプレゼントって何にしたらよいか悩みますよね。愛子は自分の母親と夫の母親2人分を毎年用意します。最近は子供が大きくなってきて、愛子自身も子供たちからプレゼントをもらえるようになりました^^

 

もし・・・母が北欧に興味があるようなら、マリメッコの小物や雑貨はいかがでしょうか?^^マリメッコはフィンランドのアパレル企業です。

 

母の日のプレゼントにマリメッコの雑貨をオススメする理由。

1.値段がプレゼントにお手頃

マリメッコの小物は自分で買うのにはちょっと高いのです。欲しいけどいつも我慢してしまいます。どうしても欲しい時は清水の舞台から飛び降りる気持ちで買います。(笑)おおげさですか?

2.柄が大胆すぎて洋服は難しい

マリメッコの柄はとってもかわいいです。

f:id:aikowakakusa16:20170305195235j:plain

 日本にはなかなかないような柄もたくさんあります。マリメッコの洋服を着てみたいという願望はありますが、あの柄や色を着こなすのはなかなか難しいです。若い人は着こなすことができるでしょう。中年女子(中年の女性を女子と言うのか?ですが)には着る勇気がありません。

マリメッコには「流行や年齢に左右されず、ずっと着られる洋服」というコンセプトがあります。本当ならアラフィフ愛子にも着られるはず!でも日本人にはやはり着こなすのが難しいのです。もちろん上手に着こなす方もいらっしゃると思います。うらやましいです。愛子は逆にもう少し歳をとったら、しっくり着こなすことができるかもしれないと思っています。

長くなりましたが、要するにマリメッコの洋服を着たいけど、着ることができないわけです。そこで小物です。小物なら少々派手でも家で使ったり、バッグの中にひっそり持つことができます。

 

実は愛子、自分で先にプレゼントを自分のために買ってしまいました。(笑)それがこちらです。 Puketti コーヒーカップセット。

f:id:aikowakakusa16:20170510091908j:plain

ブロガーさんに人気のラテマグ。日本限定カラーです。他にベージュ、イエロー、ライムグリーンの色があります。4752円ぐらいです。

 

ポーチもオスオスメです。3240円ぐらいです。 

f:id:aikowakakusa16:20170510092023j:plain

ペンケースにもなりそうです。 

f:id:aikowakakusa16:20170510092046j:plain

ティータオルも素敵です。額に入れて壁に飾ることもできます。 2枚で5400円ぐらいです。

f:id:aikowakakusa16:20170510092101j:plain

ファブリックバッグぐらいなら持って歩けそう。5000円ぐらい。

f:id:aikowakakusa16:20170510092117j:plain 

いかがでしたでしょうか?ただ愛子が欲しい物なだけ?(笑)です。

愛子は2人の母に何を買ったかというと、自分の母親には毎年子供たち4人で一緒にお花を贈っています。切り花やアレンジは飼い猫のおもちゃになってしまうので、最近は鉢植えです。手入れが簡単なものがいいそうです。夫の母親には、物はもう何でも持っているのでズバリ現金を贈っています。目上の方に現金は失礼という考え方もあるので、これは注意が必要です。

 

愛子が「先に自分でマリメッコのラテマグを買ってきちゃった。」と言うと、娘のはなちゃん(18歳)がちょっと困った顔をしました。実ははなちゃん、それより前に愛子にプレゼントを用意してくれていたのです。少し早めにプレゼントをくれました。 

f:id:aikowakakusa16:20170510095451j:plain

ナチュラルキッチンで限定販売されたエプロンと、クマのぬいぐるみです。ナチュラルキッチンでは「母の日 スペシャルアイテム販売」として4/7からエプロンの他にカフェエプロン、トートバッグ、ステンレスボトル、ポーチ、マルチクロス、ハンカチ、リースを販売しています。値段は100円300円500円1000円とそれぞれです。小花柄でかわいいです。

はなちゃんは発売日に買いに行ってくれたそうです。数量限定なのでもうないかもしれませんが、こういうキャンペーンを行っているお店も多いことでしょう。

子供が幼稚園や学校で作ったものをもらうのもとてもうれしかったのですが、自分の意志で考えてくれたプレゼントは、本当にうれしいものです。当たり前ですが値段がいくらかという問題ではありません。少ないおこづかいやバイト代から一所懸命買ってくれた気持ちがうれしいのです。

大人になると忘れがちですが、贈り物は気持ちがこもっていることが一番大切なのですね。

それで・・・先走って愛子が勝手に買ってしまったマリメッコのラテマグはどうするかというと、夫と息子のヒデ君(11歳)に買ってもらおうかどうしようか・・・。愛子は夫の母ではないんですけれどね。^^

オススメ関連記事です。↓

wakakusa.sokoniirudakedeii.com

今日も読んでいただきありがとうございます!